明治3年の洪水

災害年月日
1870年10月01日
市町村
高知県
災害種類
風水害  
概要
明治3年(1870)9月7日風雨起こり、8日出水。嘉永2年(1849)以来の洪水で、同年に比べて1、2尺低かった。(「中村町史」による)大内町史には「4日から雨、7日に大暴風となり波巻き起り野中氏の堤防は数ヶ所欠損、東堀端の家は4尺の浸水、翌3月より修理」と記されている。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
高知県編「高知県災害異誌」(高知県、1966年)、58頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
風雨 洪水 中村町史 大内町史
NO.
高知3849

よく似た災害

明治19年8月の洪水

明治19年(1886)8月20日、大暴風雨のため、夜には60年来の大洪水となり、広見川の堤防は至る所でほとんど破損し、各地に大きな被害が起きた。 続きを読む

明治18年の洪水

明治18年(1885)5月7日、川田川の毘沙門(川東北)の堤防が切れた。この堤防の復旧強化には多くの金と人を要したので、この堤防は「金食土手」と呼ばれ... 続きを読む

明治18年の洪水

明治18年(1885)5月7日、川田川の毘沙門(川東北)の堤防が切れた。この堤防の復旧強化には多くの金と人を要したので、この堤防は「金食土手」と呼ばれ... 続きを読む

明治6年8月の洪水

明治6年(1873)8月30日、大洪水。田野は大概砂漠の如く、人家は戸々浸水し、所々流家あり、堤防は数箇所の破壊、その害実に少なしとせず。(「板野郡誌... 続きを読む

明治6年8月の洪水

明治6年(1873)8月30日、大洪水。田野は大概砂漠の如く、人家は戸々浸水し、所々流家あり、堤防は数箇所の破壊、その害実に少なしとせず。(「板野郡誌... 続きを読む