明治16年の大雪

災害年月日
1883年02月07日
市町村
高知県土佐町
災害種類
雪害  
概要
明治16年(1883)2月7日朝より雪、夜には2尺位積む。(「森村史」による)
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
高知県編「高知県災害異誌」(高知県、1966年)、61頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
大雪 森村史
NO.
高知3855

よく似た災害

天保7年の大雪

天保7年(1836)10月18日朝より夕方まで大雪、最晩稲稔らず、米価昇る。(「森村史」による) 続きを読む

明治40年の大雪

明治40年(1907)2月10日から降り始めた雪は夜には猛吹雪となり、翌11日には長尾で積雪45cm、多和で1mにも達した。このため、紀元節の式に参加... 続きを読む

明治6年10月の洪水

明治6年(1873)10月2日、大風雨、洪水。慶応2年(1866)より凡そ1尺位低いという。(「板野郡誌」による) 続きを読む

明治6年10月の洪水

明治6年(1873)10月2日、大風雨、洪水。慶応2年(1866)より凡そ1尺位低いという。(「板野郡誌」による) 続きを読む

昭和5年の大雪

昭和5年(1930)1月11日12時より雪となり、22時には積雪16cmに達し、電線の被害が出た。(気象庁「気象要覧」による) 続きを読む