明治18年7月の台風

災害年月日
1885年07月01日
市町村
高知県四万十市(中村市)
災害種類
風水害  
概要
明治18年(1885)7月1日、台風が紀伊半島より佐渡へ抜けた。中村町資料には「暴風雨出水、堤防破壊し家橋流れ田畑損傷、死傷多」と記されている。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
高知県編「高知県災害異誌」(高知県、1966年)、61頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 中村町資料 死者
NO.
高知3859

よく似た災害

明和2年8月8日の台風

明和2年(1765)8月8日夜、大暴風雨、大洪水により堤防切れ。(「奈半利町史」による)室津湊番久保野家記録には「8月暴風雨のため室津西波止大破損、其... 続きを読む

正徳2年の大雨

正徳2年(1712)7月17日、大雨。南路志には「17日~20日、大雨止まず、洪水雷鳴、21日晩方は晴れる」と記されている。太平寺覚書には「7、10月... 続きを読む

明治16年の台風

明治16年(1883)9月12日、台風が土佐沖を北東進した。大津村史には「9月暴風雨、被害大」と記されている。 続きを読む

明治19年9月10日の台風

明治19年(1886)9月10日夜、台風が豊後水道を北上し、11日6時隠岐の北に出た。綜合斗賀野村誌略には「倒家33、死1、山の木多く倒れ2、3日後に... 続きを読む

寛文7年の風雨

寛文7年(1667)、風雨。高知県歴史年表には「西郡風雨損傷」と記されている。大野見村史には「洪水の為萩中河内大明神破損」と記されている。 続きを読む