明治19年8月の台風

災害年月日
1886年08月20日
市町村
高知県四万十市(中村市)
災害種類
風水害  
概要
明治19年(1886)8月20日、台風が宮崎に上陸し、北九州から北東進した。綜合渡川史には「19時頃から北東の暴風雨、21日益々猛烈、12時頃より河水増加し、12時市街地浸水、風雨は18時ころ衰えたが洪水は19時より減水して、17時の最高水位は29.5尺増となり、住家5、6流」と、上岡利太郎手記には「早き水にて9時頃上町へ、12時頃自宅壁に間もなく座上、これまでにない水」と記されている。右山の土居亀太郎日記には「19日より雨始り20日大洪水、太平寺石段18階」と記されている。
地理院地図
Googleマップ
参考画像
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
高知県編「高知県災害異誌」(高知県、1966年)、62頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 綜合渡川史 洪水 上岡利太郎手記 土居亀太郎日記
NO.
高知3860

よく似た災害

宝永元年の風水害

宝永元年(1704)7月1日、風水害。御家年代記には「朔、4日、17日風雨洪水、損亡地高8万石」と記されている。南路志には「6月30日酉の刻大雷雨、申... 続きを読む

元禄15年7月の台風

元禄15年(1702)7月28日、台風、高潮。南路志には「28、29両日大風大雷雨にて民屋、耕作の損傷寛文6年(1666)より大にして被害甚大」と記さ... 続きを読む

宝永3年の風雨

宝永3年(1706)6月25日、風雨。御家年代略記には「22日より雨、24、25日風雨甚大にして損毛8万余石」と記されている。南路志には「大雨、塩風夥... 続きを読む

享保7年6月の洪水

享保7年(1722)6月23日、洪水。(「日本災異誌-御家年代略記」による)享保雑記には「去年七月の洪水より一尺も高し」と記されている。中村町史には「... 続きを読む

明治16年の台風

明治16年(1883)9月12日、台風が土佐沖を北東進した。大津村史には「9月暴風雨、被害大」と記されている。 続きを読む