明治19年9月10日の台風

災害年月日
1886年09月10日
市町村
高知県
災害種類
風水害  
概要
明治19年(1886)9月10日夜、台風が豊後水道を北上し、11日6時隠岐の北に出た。綜合斗賀野村誌略には「倒家33、死1、山の木多く倒れ2、3日後に赤山となる」と、戸波村誌には「10日15時より11日5時まで暴風雨出水甚しく倒家40間余り、大木倒れ堤防欠損」と記されている。このほか、大内町史、下川口村誌、佐川町史、立田村誌、高知県史、綜合渡川史、百笑の宮崎記録、右山の土居亀太郎日記により、台風被害の様子が記されている。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
高知県編「高知県災害異誌」(高知県、1966年)、62-63頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 綜合斗賀野村誌略 死者 戸波村誌 洪水
NO.
高知3861

よく似た災害

明治23年の台風

明治23年(1890)9月11日、台風が九州、四国を横断した。高知県の降雨烈しく、死者213人、不明者3人を出した。高知の日雨量は293.1ミリに達し... 続きを読む

明治26年の干ばつ

明治26年(1893)6月末より8月初まで、雨少なく西日本被害。綜合斗賀野村史略には「50日間降らず水稲多く枯死」と、佐川町史には「7月5日より不降水... 続きを読む

明和2年8月8日の台風

明和2年(1765)8月8日夜、大暴風雨、大洪水により堤防切れ。(「奈半利町史」による)室津湊番久保野家記録には「8月暴風雨のため室津西波止大破損、其... 続きを読む

宝永3年の風雨

宝永3年(1706)6月25日、風雨。御家年代略記には「22日より雨、24、25日風雨甚大にして損毛8万余石」と記されている。南路志には「大雨、塩風夥... 続きを読む

明治32年9月21日の台風

明治32年(1899)9月20日夜、台風が九州西岸を北上し、22日午後日本海に入った。進行速度が遅く、大雨被害を出した。森村史には「18時より大暴風雨... 続きを読む