明治20年12月の火災

災害年月日
1887年12月00日
市町村
高知県土佐市
災害種類
火災  
概要
明治20年(1887)12月、火災が発生し、大風にあおられ東の丁の一部と西の丁の殆ど全部を焼く。(「宇佐町史」による)
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
高知県編「高知県災害異誌」(高知県、1966年)、63頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
火災 宇佐町史
NO.
高知3865

よく似た災害

明治40年9月の火災

明治40年(1907)9月(旧8月30日)夜、本町東南角の裏から出火、雨上がりの西風のため東に延焼し南側に移り、中ノ丁西側の一部を焼いて鎮火した。類焼... 続きを読む

明治40年9月の台風9月の火災

明治40年(1907)9月(旧8月30日)夜、本町東南角の裏から出火、雨上がりの西風のため東に延焼し南側に移り、中ノ丁西側の一部を焼いて鎮火した。類焼... 続きを読む

明治29年の火災

明治29年(1896)8月13日、西外海村船越の中心部から火災が発生し、50余戸を焼失する大火事となった。 続きを読む

大正5年の火災

大正5年(1916)1月9日早朝、西ノ浜で火事、70戸焼失。(「宇佐町史」による) 続きを読む

昭和45年5月の火災

昭和45年(1970)5月1日午後2時頃、大滝山の大瀧寺庫裏付近から出火、庫裏や本堂など5棟の建物全部と裏山の雑木林約20haを焼いて午後4時半頃鎮火... 続きを読む