明治30年の台風

災害年月日
1897年09月29日
市町村
高知県
災害種類
風水害  
概要
明治30年(1897)9月27日~29日、台風による大雨のため出水。県内雨量は27日津呂で144ミリ、28日窪川で235ミリ、中村で204ミリ、29日本山で280ミリ、桑尾202ミリで、3日合計雨量は本山で498ミリ、窪川平石で455ミリ、東部海岸が200ミリ程度であった。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
高知県編「高知県災害異誌」(高知県、1966年)、68頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 洪水
NO.
高知3876

よく似た災害

明治31年の台風

明治31年(1898)9月2日、台風が九州南部から四国を通り、多少の被害が出た。8月30日~31日の雨量は須崎で398ミリ、越知・高知で247ミリ、桑... 続きを読む

明治32年9月の秋雨

明治32年(1899)9月19日~29日台風等による秋雨が11日間に及び、この間の雨量は越知で972ミリ、窪川で865ミリ、土佐清水・中村で565ミリ... 続きを読む

明治36年の大雨

明治36年(1903)7月8日~9日、低気圧に伴い大雨となった。8日の雨量は中村・田野338ミリ、安芸313ミリ、窪川305ミリ、大栃296ミリ、土佐... 続きを読む

明治40年の台風

明治40年(1907)9月、台風により、明治23年(1890)以来の洪水となった。中村町の高地にある京町、中ノ町、市ノ辻辺りまで床下浸水。(「中村町風... 続きを読む

明治32年7月の台風

明治32年(1899)7月8日8時頃、台風が大隅半島から上陸し、非常にゆっくり北進したので、西日本の雨は多かったが風はさほどではなかった。8日の雨量は... 続きを読む