明治32年9月8日の台風

災害年月日
1899年09月08日
市町村
高知県
災害種類
風水害  
概要
明治32年(1899)9月8日10時頃、台風が室戸岬をかすめて北東進し、14時頃和歌山市に上陸した。「土佐の地震」には「後免警察調べで、被害は死者6人、負傷者18人、倒家478戸、半倒267戸、流失2戸」と記されている。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
高知県編「高知県災害異誌」(高知県、1966年)、71頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 土佐の地震 死者
NO.
高知3879

よく似た災害

大正3年の台風

大正3年(1914)9月14日、台風により、幡多郡の被害は全壊1,152戸、半壊821戸、中村で死者3人、負傷者3人、宿毛漁船遭難により死者11人、行... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日午前4時15分、M8.1の地震が発生した。高知県下の被害は死者670人、住家の全壊4,834戸、半壊9,041戸、浸... 続きを読む

昭和12年の台風

昭和12年(1937)9月10日、台風により、雨量は魚梁瀬で441ミリ、名野川で430ミリ、別府で418ミリ、新田で406ミリ、馬路で400ミリなどと... 続きを読む

明治32年の台風

明治32年(1899)8月28日、台風により、多度津では最大風速52.5m/秒となった。このため、香川県の被害は死者317、行方不明9人、負傷者1,2... 続きを読む

明治32年8月の台風

明治32年(1899)8月28日、台風襲来により、被害の大部分は香川県中部の内陸部に集中した。県下の被害は死者307人、負傷者955人、家屋全壊7,0... 続きを読む