明治32年9月21日の台風

災害年月日
1899年09月21日
市町村
高知県
災害種類
風水害  
概要
明治32年(1899)9月20日夜、台風が九州西岸を北上し、22日午後日本海に入った。進行速度が遅く、大雨被害を出した。森村史には「18時より大暴風雨、村内数10戸倒、高須12戸台風」、佐川町史には「洪水により堤防決壊20箇所、破損10箇所、道路流失4箇所、破損15箇所、橋流失9箇所、破損2箇所」と、久礼読本には「暴風雨大洪水により堤防決壊6,000間、田畑大損、300戸避難」と、おもかげ-須崎市には「上分床上浸水39戸」と記されている。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
高知県編「高知県災害異誌」(高知県、1966年)、71頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 洪水 森村史 佐川町史 久礼読本
NO.
高知3880

よく似た災害

明和2年8月8日の台風

明和2年(1765)8月8日夜、大暴風雨、大洪水により堤防切れ。(「奈半利町史」による)室津湊番久保野家記録には「8月暴風雨のため室津西波止大破損、其... 続きを読む

明治25年の台風

明治25年(1892)7月23日6時頃、台風が高知市付近に上陸し、北西進した。田野文化史には「大風水、奈半利川堤防決壊は26、7年に修理」と、立田村史... 続きを読む

明治21年の台風

明治21年(1888)9月11日、暴風雨により、横河原・田窪の堤防決壊8箇所。石手川堤防決壊により死者10人、石手村ほか4ヶ村浸水。川上村で重信川堤防... 続きを読む

明治26年の台風

明治26年(1893)10月14日、大暴風雨洪水。蒼社川決壊、浅川海岸破壊、溺死1名、行方不明4名、家屋流失48戸、全潰79戸、半壊101戸、浸水家屋... 続きを読む

明治25年の水害・土砂災害

明治25年(1892)7月23日、宍喰川の氾濫と山岳崩壊により、宍喰村は下記の被害を受けた。流死1人、家屋半壊4戸、浸水190戸、船舶の破壊・流失2艘... 続きを読む