寛政元年の地震

災害年月日
1789年05月10日
市町村
徳島県阿南市
災害種類
地震・津波  
概要
寛政元年(1789)4月16日夜九ツ下刻(午前0~1時)、大地震が起こった。福井の森家の「永代記」によると、所々堤防が破れ、川筋の水が濁り、所々で山崩れが発生した。富岡第住町の文殊院では、本堂の壁が甚だしく損壊し、秋葉山拝殿の壁が破損するなどした。また、町の土蔵が傷み、西のゆる(水門)が裂け、権現山南の岩が抜け落ちた。(「富岡町志」による)
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
阿南市史編さん委員会編「阿南市史 第2巻」(阿南市、1995年)、382頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
寛政地震 永代記 福井 富岡町志
NO.
徳島22

よく似た災害

寛政元年の地震

寛政元年(1789)4月16日、地震により、阿波富岡町で文殊院の本堂の壁が甚だしく損じ、秋葉山拝殿の壁も損ず。同町の町屋・土蔵にも損害があり、山崩れも... 続きを読む

寛政元年の地震

寛政元年(1789)4月16日、土佐、阿波、備前地強く震い、鳥取、広島も震う。(「日本地震資料」による)/4月16日夜9ツ時、大地震により当村の井利両... 続きを読む

寛政元年の地震

寛政元年(1789)4月16日、土佐、阿波、備前地強く震い、鳥取、広島も震う。(「日本地震資料」による)/4月16日夜9ツ時、大地震により当村の井利両... 続きを読む

元禄11年の火災

元禄11年(1698)正月11日、富岡町東新町より出火、町分皆残りなく焼け尽くす。(「富岡町史」、「文殊院記録」による) 続きを読む

元禄11年の火災

元禄11年(1698)1月21日、町分皆々残りなく焼け尽くす。(「富岡町史-文殊院記録」による) 続きを読む