明治41年8月の雷雨

災害年月日
1908年08月10日
市町村
高知県
災害種類
風水害  
概要
明治41年(1908)8月10日、小低気圧が停滞し、大雷雨になった。特に越知、須崎を注進に日雨量が400ミリを記録し、越知、戸波では11日夜まで続き、出水した。戸波村誌には「10日夕大雨覆盆、電光雷鳴、11日夜を徹して豪雨出水」と記されている。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
高知県編「高知県災害異誌」(高知県、1966年)、76頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
雷雨 低気圧 越知 戸波村誌
NO.
高知3894

よく似た災害

明治41年の大雨

明治41年(1908)8月10日、低気圧が停滞して大雷雨となった。特に越知、須崎を中心に日雨量が400ミリとなり、越知、戸波では11日夜まで続き、出水... 続きを読む

明治23年の台風

明治23年(1890)9月11日、台風が九州、四国を横断した。高知県の降雨烈しく、死者213人、不明者3人を出した。高知の日雨量は293.1ミリに達し... 続きを読む

明治32年7月の台風

明治32年(1899)7月8日14時、台風が鹿児島を、9日6時に佐田岬を通った。仁淀川中流では7日~9日の3日間雨量が900ミリ近くになり、洪水により... 続きを読む

明治19年9月10日の台風

明治19年(1886)9月10日夜、台風が豊後水道を北上し、11日6時隠岐の北に出た。綜合斗賀野村誌略には「倒家33、死1、山の木多く倒れ2、3日後に... 続きを読む

明治41年の台風

明治41年(1908)8月10日、台風が土佐沖を通過した後、小低気圧が停滞し大雷雨になった。雨量は越知で398ミリ、伊野で204ミリに達し、11日夜ま... 続きを読む