明治42年の台風

災害年月日
1909年08月06日
市町村
高知県土佐清水市
災害種類
風水害  
概要
明治42年(1909)8月6日6時、台風が土佐沖を通り宮崎北方に上陸した。天気が急変したため漁民の遭難が多かった。下川口村誌には「漁民大難100人余、(略)6日7時頃より再び猛しく南東に変わり午後止む。出漁の19隻中5隻のみ帰る」と記されている。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
高知県編「高知県災害異誌」(高知県、1966年)、77頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 漁船遭難 下川口村誌
NO.
高知3895

よく似た災害

明治28年7月の台風

明治28年(1895)7月24日16時頃から、台風により北東風が吹き出し、満潮時には高潮となり、水田が冠水した。13時頃より風は南西に変わり、海岸堤防... 続きを読む

明治32年の台風

明治32年(1899)8月28日午後3時頃より降雨、4時頃南風が起こり、5時頃北風に変わり暴風雨となる。6時頃、西風になり、7時頃止む。風が激しく、元... 続きを読む

明治27年9月の台風

明治27年(1894)9月11日20時頃、台風により東風強まり、12日11時頃より南風に変わった。垣塀、家壁を損じた程度でおさまった。(「高松市史年表... 続きを読む

明治27年の干ばつ・台風

明治27年(1894)4月27日から9月10日まで、135日間日照りが続き、飲み水にも困り、農家は土びんで稲株に水を注いだ。秋になっても出穂せず、収穫... 続きを読む

明治32年8月の台風

明治32年(1899)8月28日、台風に伴い豪雨となった。27日午後から28日の雨量は梼原で264ミリ、本山で238ミリ、越知で195ミリを記録した。... 続きを読む