大正3年の降雹

災害年月日
1914年03月02日
市町村
高知県
災害種類
その他(ひょう)  
概要
大正3年(1914)3月2日、低気圧の通過直後、雷電に伴い窪川、越知方面で降雹。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
高知県編「高知県災害異誌」(高知県、1966年)、79頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
降雹 窪川 越知
NO.
高知3902

よく似た災害

大正2年の降雹

大正2年(1913)4月、降雹により、佐川、斗賀野、尾川方面で野菜などに相当の被害があった。 続きを読む

昭和55年6月の降雹

昭和55年(1980)6月28日、寒冷前線の通過に伴い大洲付近で降雹となり、農作物の被害が大きかった。(愛媛県災害年表) 続きを読む

昭和25年6月の降雹

昭和25年(1950)6月4日、日和佐、牟岐方面で降雹があり、野菜、甘藷等に被害が出た。煙草は日和佐、赤河内で各2町歩、牟岐で1町歩が全滅した(150... 続きを読む

昭和25年6月の降雹

昭和25年(1950)6月4日、日和佐、牟岐方面で降雹があり、野菜、甘藷等に被害が出た。煙草は日和佐、赤河内で各2町歩、牟岐で1町歩が全滅した(150... 続きを読む

大正14年の降雹

大正14年(1925)8月3日、西ノ浦段地で鶏卵大の降雹あり、作物に大被害を与えた。野住、下影、駒倉、荒倉、知行でも梅の実大の降雹あり、所々で煙草の葉... 続きを読む