大正4年の台風

災害年月日
1915年09月08日
市町村
高知県
災害種類
風水害  高潮  
概要
大正4年(1915)9月8日、台風が九州中央を北上した。梼原付近では6日~8日に各日200ミリ以上の雨が降り、台風関連の総雨量は900ミリを越すほど風雨害が強かった。沿岸では高潮により浦戸湾堤が決壊し、家が流失、電信、電力が不通となった。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
高知県編「高知県災害異誌」(高知県、1966年)、80-81頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 高潮 浦戸湾堤決壊
NO.
高知3906

よく似た災害

大正4年の台風

大正4年(1915)9月、台風により、梼原付近で6日~8日の各日200ミリ以上の降雨があり、総雨量は900ミリを越すほどで、風雨害が強かった。6日~8... 続きを読む

大正7年の台風

大正7年(1918)7月12日、台風に伴う大雨で、梼原付近では雨量が700ミリを越え、中部以西は大洪水となった。土佐湾沿岸では高潮害も大きかった。須崎... 続きを読む

大正4年の台風

大正4年(1915)9月8日、台風が来襲し、沿岸では高潮により浦戸湾堤が決壊し、家が流失、電信、電力が不通となった。 続きを読む

大正9年9月の台風

大正9年(1920)9月30日、台風による香川県への風雨の被害がなかったが、沿岸一帯では高潮が起こり、高松港では30日の最高潮位は11尺8寸に達し、低... 続きを読む

大正元年の台風

大正元年(1912)9月、台風により、大洪水となり、海岸では高潮に見舞われた。(「徳島県災異誌」、「水害統計」、「那賀川改修史」等による)(那賀川にお... 続きを読む