大正7年の火災

災害年月日
1918年05月20日
市町村
高知県四万十市(中村市)
災害種類
火災  
概要
大正7年(1918)5月20日17時過ぎ、南京町より出火、東西約3丁、南北2丁を焼き、19時50分鎮火した。80戸焼失。(「中村町史」による)
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
高知県編「高知県災害異誌」(高知県、1966年)、82頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
火災 南京町 中村町史
NO.
高知3910

よく似た災害

大正7年の火災

大正7年(1918)5月20日午後5時過ぎ、南京町(現在の一條通り)から出火し、西風により火勢ものすごく近隣に延焼した。強風と防水の不自由により、間も... 続きを読む

昭和25年の火災

昭和25年(1950)2月11日1時半頃、角崎の農家から出火し、7棟を焼き、3時に鎮火した。(中村市消防署資料による) 続きを読む

明治22年の火災

明治22年(1889)旧正月2日正午頃、東浜の西端から出火し、東浜・法恩寺の大部分を焼き尽くして鎮火した。焼失戸数400余戸、焼死1人。 続きを読む

昭和29年12月の火災

昭和29年(1954)12月27日午前0時40分頃、本町の診療所から出火し、隣接5戸、工場1棟を焼き、午前1時40分頃鎮火した。損害は2,000万円。... 続きを読む

昭和43年の火災

昭和43年(1968)2月4日午後11時半頃、串江の商家より出火し、8軒11棟を焼失し、5日午前1時に鎮火した。(中村市消防署資料による) 続きを読む