大正7年8月の台風

災害年月日
1918年08月29日
市町村
高知県
災害種類
風水害  
概要
大正7年(1918)8月29日、台風が室戸をかすめて大阪へ抜けた。被害は死者2人、全壊158戸、半壊113戸、流失3戸、床上浸水188戸、床下浸水429戸、堤防決壊2,799間、破損137間、道路の流失・埋没209戸、破損1,067間、橋流失7箇所に及んだ。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
高知県編「高知県災害異誌」(高知県、1966年)、83頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 死者 堤防決壊
NO.
高知3912

よく似た災害

大正9年8月の台風

大正9年(1920)8月15日、台風が土佐湾を北西進して足摺から上陸したため、豪雨となり、特に中央嶺で多く、3日間で1,000ミリを越えた。高知市内等... 続きを読む

昭和29年の台風5号

昭和29年(1954)8月16日~19日の台風14号により、県下の被害は死者4人、負傷者7人、家屋の全壊12戸、半壊8戸、流失1戸、床上浸水127戸、... 続きを読む

昭和26年のケイト台風

昭和26年(1951)6月30日~7月2日、ケイト台風により、県下の被害は家屋の床上浸水76戸、床下浸水806戸、非住家1戸、田の流失・埋没1ha、冠... 続きを読む

昭和25年のキジア台風

昭和25年(1950)9月10日~14日、キジア台風により、県下の被害は死者5人、負傷者92人、家屋の全壊178戸、半壊623戸、流失13戸、床上浸水... 続きを読む

平成2年の台風19号

平成2年(1990)9月14日~20日、台風19号による強風と大雨で、県下の被害は死者2人、負傷者2人、家屋の全壊1戸、半壊1戸、床上浸水116戸、床... 続きを読む