大正8年の台風

災害年月日
1919年09月14日
市町村
高知県
災害種類
風水害  
概要
大正8年(1919)9月14日、台風に伴い、特に県東部の雨は500ミリを越え、河川は氾濫したと思われる。13日の雨量は馬路379ミリ、津呂357ミリ、田野223ミリ、14日の雨量は馬路202ミリ、田野194ミリ、津呂156ミリに及んだ。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
高知県編「高知県災害異誌」(高知県、1966年)、84頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風
NO.
高知3913

よく似た災害

昭和42年の大雨

昭和42年(1967)7月8日~9日、大雨により、島しょ部と中予山間部で被害。県下で死者9人、家屋の全半壊等122戸に及んだ。中山の7月9日の雨量は1... 続きを読む

昭和41年の台風19号

昭和41年(1966)9月9日、台風19号により、県下出死者1人。中山の9月9日の雨量は52ミリを記録し、中山町でも被害があったと思われる。 続きを読む

昭和43年の台風10号

昭和43年(1968)8月25日~29日、台風10号により、県下で死者1人。中山の8月26日の雨量は85ミリを記録し、中山町でも被害があったと思われる... 続きを読む

昭和49年の台風16号・18号

昭和49年(1974)9月1日の台風16号及び9月8日の台風18号により、県下で死者5人。中山の雨量は台風16号で129ミリ、台風18号で125ミリを... 続きを読む

平成元年の台風22号

平成元年(1989)9月19日、台風22号により、県下で死者4人。中山の雨量は164ミリを記録し、中山町でも被害があったと思われる。 続きを読む