大正10年の長雨

災害年月日
1921年06月04日
市町村
高知県
災害種類
その他(長雨)  
概要
大正10年(1921)6月4日に始まった雨は7日にあがり、9日から再び降り出して7月2日までほとんど連続した。高知付近では降雨日数が28日になったところもあり、総雨量は600~800ミリになった。また、日照が極めて少なく、低温となった。このため、麦類はやや不作となった。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
高知県編「高知県災害異誌」(高知県、1966年)、86頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
長雨 日照不足 低温
NO.
高知3915

よく似た災害

大正4年の干ばつ

大正4年(1915)7月6日に梅雨が明けた後、好天続きで、31日までの雨日数は5日内外で、雨量は10~20ミリであった。 続きを読む

明治41年の台風

明治41年(1908)8月10日、台風が土佐沖を通過した後、小低気圧が停滞し大雷雨になった。雨量は越知で398ミリ、伊野で204ミリに達し、11日夜ま... 続きを読む

昭和38年の長雨

昭和38年(1963)5月、月間の雨天日数が20~25日に達したため、被害は死者1人、家屋全壊2戸、半壊1戸、田冠水320町、畑61町、山崩れ14箇所... 続きを読む

大正4年の台風

大正4年(1915)9月、台風により、梼原付近で6日~8日の各日200ミリ以上の降雨があり、総雨量は900ミリを越すほどで、風雨害が強かった。6日~8... 続きを読む

大正15年の干ばつ

大正15年(1926)7月下旬から8月14日まで、雨日数は3日位で、引き続き月内の雨量少なく干ばつ傾向を示した。高知の月雨量は83ミリ、その反面高温で... 続きを読む