大正13年10月の台風

災害年月日
1924年10月08日
市町村
高知県
災害種類
風水害  
概要
大正13年(1924)10月8日、台風が南九州に上陸し、四国、紀伊の沿岸をかすめた。5日から8日朝までの雨量は200ミリ前後になり、幡多沖で駆逐艦1隻が遭難し、青葉山丸4,500トンが沈没した。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
高知県編「高知県災害異誌」(高知県、1966年)、87頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 駆逐艦遭難 船舶沈没
NO.
高知3918

よく似た災害

大正13年の台風

大正13年(1924)10月8日、台風は南九州に上陸し、四国の太平洋沿いを直撃し、紀伊地域に進んだ。幡多郡の沖合で駆逐艦1隻が遭難し、4,500トンほ... 続きを読む

大正8年の豪雨

大正8年(1919)7月4日、南予で100ミリ前後の降雨となり、水害を受けた。 続きを読む

大正13年4月の強風

大正13年(1924)4月25日、低気圧が日本海を北東に進み、南風が強くなり、長岡郡三和村沖で160トン発動機船が沈没し、乗員10人のうち9人が不明と... 続きを読む

昭和8年の屋島丸台風

昭和8年(1933)10月20日、屋島丸台風が四国を縦断し、姫路に抜けた。須磨沖で屋島丸(946トン)が沈没し、66人が遭難した。(「高知県災害異誌」... 続きを読む

昭和32年の豪雨

昭和32年(1957)7月2日、前線の活動が活発になり、100ミリ前後の雨があり、水害が出た。 続きを読む