昭和21年の南海地震

災害年月日
1946年12月21日
市町村
徳島県阿南市
災害種類
地震・津波  
概要
昭和21年(1946)12月21日、南海道大地震が発生し、見能林村では津乃峰神社社務所等が倒壊し、神社職員1人圧死、津波により大手海岸21箇所決潰、百トンの貨物船5隻が浜や田畑に打ち上げられ、椿泊では浸水家屋200戸、船舶の大破30隻、橘では死者1人、負傷者10人、流失家屋50戸、全壊53戸、床上浸水1,116戸、流失船舶24隻、大破31隻、堤防決潰20箇所、福井では負傷者5人、床上浸水127戸、全壊1戸、流失船舶10隻、後戸海岸決潰13箇所など。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
阿南市史編集委員会編「阿南市史」(阿南市、1967年)、375頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
昭和南海地震 津波 津乃峰神社 死者
NO.
徳島25

よく似た災害

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日午前4時19分、潮岬の南南西役50kmの沖合で大地震が起こり、海岸地帯には大津波が来襲した。理科年表によると、幡多郡... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日、M8.1の南海地震が起こった。津波の被害は地震そのものの被害よりも大きかった。波高は高知県の沿岸で4~6mに達した... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日4時19分、南海地震が発生し、津波が襲来した。同年12月28日集計結果によると、高知県の被害は死者670人、負傷者1... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日4時19分、南海地震が発生し、津波が襲来した。同年12月28日集計結果によると、高知県の被害は死者670人、負傷者1... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日4時19分、南海道大地震が発生し、津波により徳島県下は甚大な被害を受けた。被害は死者・行方不明200人、負傷者257... 続きを読む