昭和3年8月18日の台風

災害年月日
1928年08月18日
市町村
高知県
災害種類
風水害  
概要
昭和3年(1928)8月18日14時、台風が土佐清水付近に上陸した。西部では15日から本降りとなり、仁淀川上流で大雨となった。被害は農作物や橋の流失等で、室戸では多少の浪害もあった。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
高知県編「高知県災害異誌」(高知県、1966年)、90頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 仁淀川 大雨
NO.
高知3926

よく似た災害

昭和3年の台風

昭和3年(1928)8月18日14時、台風が清水付近に上陸した。西部では15日から本降りとなり、仁淀川上流で大雨となった。また、29日も台風により大雨... 続きを読む

昭和3年8月18日の台風

昭和3年(1928)8月18日、台風が土佐清水付近に上陸し、仁淀川上流は大雨となった。 続きを読む

昭和3年8月29日の台風

昭和3年(1928)8月29日、台風が九州東岸を北上した。29日大雨となり、長者で536ミリ、名野川で447ミリ、芳生野で439ミリ、長沢地蔵寺で40... 続きを読む

昭和30年6月の大雨

昭和30年(1955)6月15日夕方頃から、梅雨前線の活動が活発になって、特に物部川上流では強雨となった。被害は行方不明1人、畑冠水76町、道路4箇所... 続きを読む

昭和13年の多雨

昭和13年(1938)7月3日~4日、梅雨末期の前線豪雨により、特に県東部で大雨となった。28日、30日には局部的な大雨で200ミリを越え、29日には... 続きを読む