昭和10年9月の台風

災害年月日
1935年09月24日
市町村
高知県
災害種類
風水害  
概要
昭和10年(1935)9月24日、台風が西岸沿いを北上した。被害は死者4人、負傷者3人、全潰7戸、半潰41戸、流失1戸、住家の床上浸水368戸、床下浸水302戸、漁船流失21隻、田畑浸水452町、道路416mに及んだ。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
高知県編「高知県災害異誌」(高知県、1966年)、97頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 死者
NO.
高知3938

よく似た災害

昭和18年の洪水

昭和18年(1943)7月22日~25日、豪雨による大洪水のため、肱川村は甚大な被害を被った。被害は、死者1人、住家の流失1戸、全壊3戸、半壊1戸、床... 続きを読む

昭和9年の室戸台風

昭和9年(1934)9月20日から21日にかけて、高知地方は暴風雨及び津波に見舞われた。21日午前4時、安芸郡室戸岬の気圧は世界的記録の684ミリ、風... 続きを読む

平成16年の台風11号

平成16年(2004)の台風11号により、被害は住家の床下浸水4棟、河川砂防14箇所、道路10箇所に及んだ。 続きを読む

昭和29年の台風12号

昭和29年(1954)9月13日~14日、台風12号により、軽傷1人、住家の全壊2戸、流失3戸、半潰10戸、床上浸水13戸、床下浸水47戸、非住家の被... 続きを読む

昭和49年の台風18号

昭和49年(1974)9月9日、日本海から南下してきた前線が台風18号に刺激されて、吉野川上流地方は大雨となった。吉野川の洪水により、脇町では住家の床... 続きを読む