昭和15年の台風

災害年月日
1940年09月10日
市町村
高知県
災害種類
風水害  
概要
昭和15年(1940)9月10日~11日、台風に伴う大雨により、長者で゙600ミリに達した。このため多少の被害が予想されるが、不明である。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
高知県編「高知県災害異誌」(高知県、1966年)、101-102頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風
NO.
高知3950

よく似た災害

明治39年10月の台風

明治39年(1906)10月24日、台風。多少の被害があると思われるが、詳細不明。(気象庁「気象要覧」による)/多度津の最大風速は西南西25.8m/秒... 続きを読む

昭和13年7月3日の豪雨

昭和13年(1938)7月3日~4日、梅雨前線による豪雨のため、特に東部で多少の被害が出たと思われる。 続きを読む

明治17年の台風

明治17年(1884)8月10日及び25日、台風により、宮窪でも多大の被害があった。詳細は不明であるが、友浦上の浜、大崎、鹿老渡では田畑、家屋の流失が... 続きを読む

昭和9年の室戸台風

昭和9年(1934)9月21日、室戸台風が奈半利に上陸し、県内の死者・行方不明122人、家屋の全壊1,956戸、半壊2,565戸、流失923戸の被害が... 続きを読む

宝永4年の地震

宝永4年(1707)10月4日、東海道から南海道で大地震と津波が起こった。多賀村の人への被害は不明であるが、新田地区の地盤沈下のため堤防の決壊は大被害... 続きを読む