昭和16年7月の台風

災害年月日
1941年07月25日
市町村
高知県
災害種類
風水害  
概要
昭和16年(1941)7月25日、豆台風が豊後水道を北上した。25日の雨量は本川で290ミリ、東津野で275ミリ、地蔵寺で273ミリ、長者で265ミリ、大野見で254ミリを記録した。被害は死者8人、全潰3戸、床上浸水66戸、床下浸水35戸、橋流失3箇所、堤防決壊2箇所、道路50箇所、田畑流失3,000町に及んだ。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
高知県編「高知県災害異誌」(高知県、1966年)、102頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 死者
NO.
高知3952

よく似た災害

昭和36年6月の集中豪雨

昭和36年(1961)6月24日夜、佐喜浜を中心に集中豪雨があり、538ミリを記録した。また、24日の雨量は野根で460ミリ、田野で332ミリ、室戸岬... 続きを読む

昭和14年の台風

昭和14年(1939)10月16日、台風が九州南部をかすめ、東進して四国沖合を通った。15日~16日の雨量は土佐清水で538ミリ、野根で406ミリを記... 続きを読む

昭和7年の大雨

昭和7年(1932)9月8日、低気圧が四国西部を通り、伊野周辺の宇治、高知等で洪水被害が出た。雨量は桑尾で340ミリ、伊野で328ミリ、大野見で321... 続きを読む

昭和14年9月の大雨

昭和14年(1939)9月16日、低気圧が四国を通過し、局部的な大雨となった。15日~16日の雨量は穴内で400ミリ、仁井田で358ミリ、後免で304... 続きを読む

昭和51年の台風17号

昭和51年(1976)9月12日、台風17号により、高知県の被害は死者6人、床上浸水11,720戸に及んだ。日雨量は525ミリ、時間雨量は97ミリを記... 続きを読む