昭和16年8月の台風

災害年月日
1941年08月15日
市町村
高知県
災害種類
風水害  
概要
昭和16年(1941)8月15日7時頃、台風が安芸付近から上陸し、米子に抜けた。12日夜から15日までの総雨量は魚梁瀬で600ミリ、佐川・窪川付近で400ミリに達した。被害は死者3人、全潰13人、流失8戸、床下浸水1,000戸、道路破損30箇所に及んだ。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
高知県編「高知県災害異誌」(高知県、1966年)、102頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 死者
NO.
高知3953

よく似た災害

昭和16年の台風

昭和16年(1941)8月15日7時頃、台風が安芸付近から上陸し、米子に抜けた。総雨量は佐川、窪川付近が400ミリ。県下の被害は死者3人、家屋全壊13... 続きを読む

昭和18年の台風

昭和18年(1943)7月24日、台風が豊後水道を北上した。21日~24日の降水量は土佐清水495ミリ、三原875ミリ、川崎941ミリ、大正959ミリ... 続きを読む

昭和34年の台風6号

昭和34年(1959)8月8日、台風6号が足摺から安芸市付近を東北に進んだ。仁淀川、渡川上流域や魚梁瀬地方などでは総雨量700ミリに達し、渡川では8日... 続きを読む

昭和10年の台風

昭和10年(1935)8月28日15時、台風が土佐清水付近に上陸した。27日~28日の降雨量は宿毛381ミリ、三原487ミリ、中村240ミリ、大用62... 続きを読む

昭和50年の台風5号

昭和50年(1975)8月15日~16日、台風5号により、高知県の被害は死者72人、床上浸水12,564戸に及んだ。時間雨量は119ミリに達した。 続きを読む