昭和17年8月の台風

災害年月日
1942年08月27日
市町村
高知県
災害種類
風水害  
概要
昭和17年(1942)8月27日、台風が九州西岸をかすめて北上して日本海中部に出た。県内の雨は26日午後から始まり27日にかけて強く、その後31日高知付近を北上した熱帯低気圧の雨に引き続いたため6日間連続となった。被害は死者3人、負傷者3人、全潰3戸、半潰8戸、浸水5戸、道路破損13箇所、田畑浸水350町、木材流に及んだ。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
高知県編「高知県災害異誌」(高知県、1966年)、103-104頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 熱帯低気圧 死者
NO.
高知3955

よく似た災害

昭和41年8月の大雨

昭和41年(1966)8月、台風13号(12~16日)、熱帯低気圧(17~21日)、台風15号(22~25日)の連鎖によって2週間連続の大雨となった。... 続きを読む

昭和36年7月の大雨

昭和36年(1961)7月24日、熱帯低気圧が九州西方を北上したため、県中央部で大雨となった。24日夜から25日朝の雨は地蔵寺で213ミリ、天坪で20... 続きを読む

大正7年の台風

大正7年(1918)7月12日、台風が豊後水道を北上し、2日間連続の大雨となり、仁淀川大洪水となった。名野川の雨量は566ミリで、堤防決壊した。全壊・... 続きを読む

昭和25年8月の熱帯低気圧

昭和25年(1950)8月6日、弱い熱帯低気圧が室戸岬西方に上陸し、高松西方を北上したため、短時間に雨が集中し、家屋倒壊1戸、下968ha、田畑冠水6... 続きを読む

昭和18年9月の台風

昭和18年(1943)9月20日、台風が高知県西部に上陸、北上したたため、被害が大きく不作となった。 続きを読む