昭和19年9月の台風

災害年月日
1944年09月17日
市町村
高知県
災害種類
風水害  
概要
昭和19年(1944)9月17日早朝、台風が枕崎から上陸し、北東進した。15日昼頃から17日昼頃までの雨量は本川で400ミリ、東津野・魚梁瀬300ミリに達した。被害は全潰40戸、半潰49戸に及んだ。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
高知県編「高知県災害異誌」(高知県、1966年)、107頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風
NO.
高知3961

よく似た災害

昭和40年9月の豪雨

昭和40年(1965)9月14日昼過ぎから、室戸岬方面で前線豪雨となり、強雨域は西に進行した。15日午後2時、池川町では1時間雨量が50ミリを越したた... 続きを読む

昭和20年の枕崎台風

昭和20年(1945)9月17日、猛烈な台風が鹿児島県枕崎に上陸し、米子に抜けた。県内の雨は16日昼頃から17日夜までかなり強く、降雨量は東津野680... 続きを読む

昭和21年の台風

昭和21年(1946)7月29日、台風が豊後水道を通った。県内の雨は28日、29日に集中し、降雨量は東津野700ミリ超、魚梁瀬600ミリ超、大正609... 続きを読む

昭和32年の台風7号

昭和32年(1957)8月20日、台風7号により、特に渡川・仁淀川上流域で大雨が集中した。東津野では総雨量900ミリで、仁淀川は20日に警戒水位を突破... 続きを読む

昭和16年7月の台風

昭和16年(1941)7月25日、豆台風が豊後水道を北上した。25日の雨量は本川で290ミリ、東津野で275ミリ、地蔵寺で273ミリ、長者で265ミリ... 続きを読む