昭和20年の阿久根台風

災害年月日
1945年10月10日
市町村
高知県
災害種類
風水害  
概要
昭和20年(1945)10月10日、阿久根台風。県内の雨は7日夜から本降りとなり、8日、9日とも300ミリに達したところもあり、11日の早朝でほとんどおさまって北西山地で600~700ミリになった。被害が出たと見られるが、記録がない。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
高知県編「高知県災害異誌」(高知県、1966年)、109-110頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
阿久根台風
NO.
高知3964

よく似た災害

昭和20年の阿久根台風

昭和20年(1945)10月10日、阿久根台風により、県内の各河川はほとんど氾濫。 続きを読む

昭和20年の阿久根台風

昭和20年(1945)10月10日14時22分、台風が鹿児島県阿久根町に上陸した。徳島県下の雨は7日から始まり、8日余留に最も激しく、10日夜まで続い... 続きを読む

昭和20年の阿久根台風

昭和20年(1945)10月10日14時22分、台風が鹿児島県阿久根町に上陸した。徳島県下の雨は7日から始まり、8日余留に最も激しく、10日夜まで続い... 続きを読む

昭和12年の干ばつ

昭和12年(1937)8月、県内山地では100~200ミリの降雨に恵まれたが、海岸及び吉野川流域では甚だ少なくほとんど50ミリ以下であった。徳島では2... 続きを読む

昭和12年の干ばつ

昭和12年(1937)8月、県内山地では100~200ミリの降雨に恵まれたが、海岸及び吉野川流域では甚だ少なくほとんど50ミリ以下であった。徳島では2... 続きを読む