昭和21年の長雨

災害年月日
1946年06月00日
市町村
高知県
災害種類
その他(長雨)  
概要
昭和21年(1946)6月~7月、多雨が続き、日照不足は5月~6月に顕著であった。このため、麦作はかなりの減収となった。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
高知県編「高知県災害異誌」(高知県、1966年)、110頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
長雨 日照不足
NO.
高知3965

よく似た災害

昭和24年の低温

昭和24年(1949)3月~4月、寒春のため、麦作はかなり悪い成績となった。 続きを読む

昭和24年の低温

昭和24年(1949)3月~4月、寒春のため、麦作はかなり悪い成績となった。 続きを読む

天明7年の長雨

天明7年(1787)3月より雨が降り、5月20日まで長雨となった。このため、川内村では麦が極めて減収となった。 続きを読む

昭和37年の大雨

昭和37年(1962)6月、大雨が降り続き、麦作1万8,000トンの減収となり、11億8,000万円の損害を被った。 続きを読む

明治43年の洪水

明治43年(1910)陰暦の7月3日、4日頃、台風による洪水のため、稲作は3~4割の減収となった。 続きを読む