昭和25年の台風17号

災害年月日
1950年08月13日
市町村
高知県
災害種類
風水害  
概要
昭和25年(1950)8月13日、台風17号が足摺岬を経て土佐沖の島付近を通過した折、豊後水道に出漁していた漁船が被害を受けた。被害は死者1人、負傷者2人、行方不明者12人、家屋全壊1戸、通信4箇所、船沈没8隻に及んだ。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
高知県編「高知県災害異誌」(高知県、1966年)、116頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 漁船沈没 死者
NO.
高知3974

よく似た災害

昭和25年の台風17号

昭和25年(1950)8月13日、台風17号が足摺岬を経て沖の島付近を通過したため、漁船が被害を受けた。(「高知県災害異誌」による) 続きを読む

昭和45年の台風10号

昭和45年(1970)8月21日、台風10号が佐賀町付近に上陸し、北上したため、高知市は高潮のため久万川が決壊氾濫して大水害を受けた。国道32号は3箇... 続きを読む

昭和51年の台風17号

昭和51年(1976)9月8日~13日、台風17号による連続的な降雨のため、木頭村日早の総降雨量は2,781ミリ、11日の日降雨量は1,114ミリを記... 続きを読む

大正3年の台風

大正3年(1914)9月14日、台風が土佐清水沖で転向して上陸し、神戸に抜けた。死者8人、負傷者17人、家屋全半壊2,057戸、幡多全域で被害を受けた... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日午前4時過ぎ、南海地震が発生した。香川県では死者52人、負傷者273人、家屋全壊608戸、半壊2,490戸という被害... 続きを読む