昭和28年の火災

災害年月日
1953年04月00日
市町村
高知県
災害種類
火災  
概要
昭和28年(1953)4月、異常乾燥のため県下各地で火災が発生した。家火災20件(被害額2,200万円)、山火事23件(被害3万町、被害額1億円)。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
高知県編「高知県災害異誌」(高知県、1966年)、120頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
火災 山火事
NO.
高知3983

よく似た災害

明治29年の火災

明治29年(1896)8月13日、西外海村船越の中心部から火災が発生し、50余戸を焼失する大火事となった。 続きを読む

享和3年の火災

享和3年(1803)2月2日5ツ半頃、甲浦の東股で火災が発生し、7ツ頃に鎮火した。この火災で111軒が焼失した。 続きを読む

昭和29年2月の火災

昭和29年(1954)2月2日、東祖谷山村の落合で火災が発生し、15戸焼失。 続きを読む

昭和49年の火災

昭和49年(1974)2月22日、火災が発生し、道後温泉の歓楽街「ネオン街」で旅館、バー、みやげ物店など10軒が全半焼した。 続きを読む

昭和28年の火災

昭和28年(1953)4月8日午後7時30分、漉長で火災が発生し、県道(現在国道)沿いの両側の6戸が全焼し、同夜鎮火した。 続きを読む