昭和29年2月の大雨

災害年月日
1954年02月26日
市町村
高知県
災害種類
風水害  
概要
昭和29年(1954)2月26日~27日、発達した低気圧が日本海を東北東に進んだことにより大雨が降った。天坪では26日112ミリ、27日123ミリの降雨があり、所々道路が決壊した。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
高知県編「高知県災害異誌」(高知県、1966年)、121頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
大雨 低気圧 天坪
NO.
高知3986

よく似た災害

昭和34年7月の大雨

昭和34年(1959)7月14日~15日、出戻り梅雨のため局地的大雨が降り、特に物部川上流域では14日に1時間77ミリの豪雨が降った。被害は床下浸水3... 続きを読む

昭和36年7月の大雨

昭和36年(1961)7月24日、熱帯低気圧が九州西方を北上したため、県中央部で大雨となった。24日夜から25日朝の雨は地蔵寺で213ミリ、天坪で20... 続きを読む

昭和34年7月の大雨

昭和34年(1959)7月11日、梅雨前線の活動により大雨が降り、長尾町で鴨部川の堤防が決壊した。(四国新聞による) 続きを読む

昭和36年10月の大雨

昭和36年(1961)10月26日~27日、低気圧により、小豆島を中心に240ミリの大雨が降った。このため、伝法川の決壊をはじめ、決壊箇所は150に達... 続きを読む

昭和62年の大雨

昭和62年(1987)7月14日から20日にかけて、388ミリの大雨が降った。特に18日午前4時から5時までの1時間に68ミリという大雨を記録した。こ... 続きを読む