昭和31年2月の集中豪雨

災害年月日
1956年02月27日
市町村
高知県
災害種類
風水害  
概要
昭和31年(1956)2月27日、土佐清水、足摺岬付近で集中豪雨があり、時間雨量90ミリを記録した。日雨量は土佐清水で160ミリ、足摺岬157ミリとなった。大正町で床上浸水、漁船1隻遭難した。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
高知県編「高知県災害異誌」(高知県、1966年)、127頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
集中豪雨
NO.
高知3992

よく似た災害

昭和29年6月22日の大雨

昭和29年(1954)6月22日、土佐清水と県東部で大雨があった。雨量は土佐清水で306ミリ、足摺216ミリ、室戸260ミリとなった。被害は家屋全壊1... 続きを読む

昭和31年の集中豪雨

昭和31年(1956)2月27日、清水付近で集中豪雨があり、日雨量が清水で160ミリ、足摺で168ミリを観測した。被害は清水大正町で一部床上浸水、漁船... 続きを読む

昭和29年6月25日の大雨

昭和29年(1954)6月25日、土佐清水と県東部で大雨があった。雨量は土佐清水で268ミリ、室戸で117ミリとなり、被害は床上浸水85戸、床下浸水2... 続きを読む

昭和45年9月の集中豪雨

昭和45年(1970)9月21日、須崎市を中心に局地的な集中豪雨となった。須崎市の雨量は210ミリとなり、床上浸水30戸、床下浸水370戸の被害が出た... 続きを読む

昭和34年の集中豪雨

昭和34年(1959)6月10日、発達した低気圧が四国を横切って東進し、全県下にわたって風雨が強くなる。土佐清水市では風速は14.2mと比較的弱かった... 続きを読む