昭和31年の落雷

災害年月日
1956年08月14日
市町村
高知県三原村
災害種類
その他(落雷)  
概要
昭和31年(1956)8月14日、幡多郡下で雷雨が発生し、三原村で落雷のため死者1人、負傷者2人となった。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
高知県編「高知県災害異誌」(高知県、1966年)、127頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
落雷 死者
NO.
高知3995

よく似た災害

昭和21年8月の落雷

昭和21年(1946)8月8日、高松市内で落雷があり、負傷者1人となった。(四国新聞による) 続きを読む

平成3年6月の落雷

平成3年(1991)6月17日、梅雨前線の南下で大気が不安定となり、雷の発生や落雷があった。15時50分頃、徳島市と石井町で落雷のため合計2,900戸... 続きを読む

平成3年7月31日の落雷

平成3年(1991)7月31日、積乱雲が発達して雷が発生し、16時30分頃から約30分間、鳴門市で落雷が相次いだ。この落雷のため、鳴門市では2,100... 続きを読む

平成3年7月17日の落雷

平成3年(1991)7月17日、強い日差しのため地上付近の気温が上昇し、大気が不安定となって、県北部を中心に雷が発生した。16時50分頃、JR学駅で落... 続きを読む

昭和27年の雷雨

昭和27年(1952)9月1日、雷雨。桜井地区落雷のため死者1名、堤防決壊1箇所。 続きを読む