昭和32年の山火事

災害年月日
1957年03月21日
市町村
高知県
災害種類
火災  
概要
昭和32年(1957)3月21日、強風と異常乾燥に伴い、中四国・近畿の各地で山火事が発生した。本県では山林3,492町が焼失した。焼失面積は高知市12町、室戸岬町600町、大方町800町、吾北村280町、窪川町400町、伊野町1,000町、大豊村250町、宿毛市小筑紫野150町であった。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
高知県編「高知県災害異誌」(高知県、1966年)、129頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
山火事 強風 異常乾燥
NO.
高知3997

よく似た災害

昭和57年9月の山火事

昭和57年(1982)9月4日夕方、鳴門市大津町の大代山から出火した山火事は、2昼夜にわたって燃え続け、6日夕方に48時間ぶりに鎮火した。焼失面積は1... 続きを読む

昭和35年の床鍋の山火事

昭和35年(1960)2月10日、窪川町床鍋の国有林から出火し、窪川町消防団及び窪川営林署員が出動した。翌11日に鎮火した。 続きを読む

昭和32年の山株の山火事

昭和32年(1957)3月21日午前10頃、窪川町山株で山林火災が発生し、約5町歩を焼失し、午後4時鎮火した。 続きを読む

昭和38年の山火事

昭和38年(1963)2月24日14時、山田東上の片地山から出火し、火は片地山から沢ノ平の山野、内原野公園の裏山まで延焼した。各市町村消防団の活動によ... 続きを読む

昭和9年の室戸台風

昭和9年(1934)、室戸台風。写真18枚。(室戸岬測候所辺り、高浜、室戸岬町樽石、菜生、室戸港内、両栄橋、吉良川西の宮橋、等の被害状況) 続きを読む