昭和33年の台風21号

災害年月日
1958年09月17日
市町村
高知県
災害種類
風水害  
概要
昭和33年(1958)9月17日、台風21号が土佐沖を北東進し東京に上陸した。県東部の海岸地方で波浪による被害があった。被害は床下浸水28戸、田冠水5町、道路2箇所、堤防1箇所に及んだ。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
高知県編「高知県災害異誌」(高知県、1966年)、132-133頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 高波
NO.
高知4005

よく似た災害

昭和36年2月の強風

昭和36年(1961)2月13日~14日、大陸高気圧の影響で季節風が強く、越智郡島嶼部の海岸で波浪による被害があった。 続きを読む

昭和29年6月19日の大雨

昭和29年(1954)6月19日、土佐清水と県東部に160ミリ程度の大雨があった。被害は床上浸水30戸、床下浸水100戸、堤防決壊1箇所、崖崩れ1箇所... 続きを読む

昭和29年の大雨

昭和29年(1954)6月29日~30日、梅雨前線による大雨で、香川県全体に大きな被害があった。県内の被害は、死者3人、負傷者2人、家屋の全壊8戸、半... 続きを読む

昭和36年の第二室戸台風

昭和36年(1961)9月15日~16日の第二室戸台風による被害は、東讃方面と小豆島で多かった。高潮や波浪による海岸部の建物・護岸の破壊が重要であった... 続きを読む

昭和34年の雷雨

昭和34年(1959)8月25日、夜須・田野間に雷雨があり、安芸で1時間雨量50ミリを観測した。被害は床下浸水32戸、田冠水240町、道路2箇所、堤防... 続きを読む