昭和34年の台風14号

災害年月日
1959年09月17日
市町村
高知県
災害種類
風水害  
概要
昭和34年(1959)9月17日、台風14号により県西部では暴風雨となり、総雨量は北西県境で200ミリを越えた。被害は負傷者1人、家屋半壊3戸、通信1箇所等に及んだ。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
高知県編「高知県災害異誌」(高知県、1966年)、135頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風
NO.
高知4009

よく似た災害

昭和34年の台風14号

昭和34年(1959)9月16日~17日、台風14号による2日間の雨量は剣山、雲早山、川上の広い範囲で200ミリを越えた。被害は負傷者1人、全壊1戸、... 続きを読む

昭和34年の台風14号

昭和34年(1959)9月16日~17日、台風14号による2日間の雨量は剣山、雲早山、川上の広い範囲で200ミリを越えた。被害は負傷者1人、全壊1戸、... 続きを読む

昭和29年の台風12号

昭和29年(1954)9月13日、台風12号。海上のうねりは早くから出始め、11日には高知港口で5mの怒濤が防波堤を越えた。12日~13日の雨量は県境... 続きを読む

昭和33年7月の大雨

昭和33年(1958)7月24日~25日、前線に伴う大雨により、県東部では両日とも100ミリを越えた。被害は死者1人、負傷者1人、家屋全壊1戸、半壊8... 続きを読む

昭和34年の台風6号

昭和34年(1959)8月8日朝、台風6号が九州南端から夜中に四国南東部をかすめた。徳島県では6日朝から降雨が始まり、9日朝まで続いた。6日9時~9日... 続きを読む