昭和35年の大雪

災害年月日
1960年01月25日
市町村
高知県
災害種類
雪害  
概要
昭和35年(1960)1月24日~25日及び27日~29日、西高東低の気圧配置になり、強い季節風の寒波による大雪に見舞われた。柚の木で25cmの積雪があった。山間部は積雪のためバスはストップし、高知市で水道管破裂180件に及んだ。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
高知県編「高知県災害異誌」(高知県、1966年)、136頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
大雪
NO.
高知4011

よく似た災害

昭和31年1月の大雪

昭和31年(1956)1月9日、前日からの雪で、山間部では積雪が40cmとなって、山間部のバスは運休した。(四国新聞による) 続きを読む

昭和29年2月の大雪

昭和29年(1954)2月13日~14日、大雪のため、香川県の平地部で4cm、山間部で10cmの積雪があった。電柱倒壊、電線切断などの被害があった。(... 続きを読む

昭和51年1月22日の大雪

昭和51年(1976)1月22日~23日、寒波により県西部を中心に断続的に雪が降り、山間部のバスは大きく乱れ、運休などで小・中学校では臨時休校するとこ... 続きを読む

昭和51年1月22日の大雪

昭和51年(1976)1月22日~23日、寒波により県西部を中心に断続的に雪が降り、山間部のバスは大きく乱れ、運休などで小・中学校では臨時休校するとこ... 続きを読む

昭和6年の大雪

昭和6年(1931)2月9日、大雪により、山間部で47cm、平地部で27cmの積雪があり、被害があった。 続きを読む