昭和35年の台風24号

災害年月日
1960年10月19日
市町村
高知県高知市
災害種類
風水害  
概要
昭和35年(1960)10月19日、台風24号が四国南方海上を北東進した。19日夜高知港入口で青山丸が高波のため沈没、行方不明8人を出した。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
高知県編「高知県災害異誌」(高知県、1966年)、138頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 高波 船舶沈没 行方不明
NO.
高知4013

よく似た災害

昭和10年の濃霧

昭和10年(1935)7月3日午前1時頃、濃霧のため三都村釈迦ヶ鼻沖で大阪商船別府航路みどり丸と大連汽船貨物船千山丸が衝突して沈没、船客、乗員166人... 続きを読む

昭和31年4月の風雨

昭和31年(1956)4月19日夕刻から20日早朝にかけて、県の南西部と室戸岬付近で風雨が強く、室戸岬では22mを観測した。室戸岬沖で太平丸が突風のた... 続きを読む

昭和18年の台風

昭和18年(1943)9月20日、台風が土佐清水市に上陸した。西日本で死者768人、行方不明者202人を出したが、高知県の死者は1人であった。 続きを読む

昭和51年2月の高波

昭和51年(1976)2月16日正午過ぎ、高波のため潮流測定船が転覆し、2人が行方不明となった。 続きを読む

昭和51年2月の高波

昭和51年(1976)2月16日正午過ぎ、高波のため潮流測定船が転覆し、2人が行方不明となった。 続きを読む