昭和35年の低温・大雪

災害年月日
1960年12月27日
市町村
高知県
災害種類
雪害  その他(低温)  
概要
昭和35年(1960)12月27日、急速に気温が低下し、31日朝高知では-5.8℃を観測した。また、山間部では大雪となり、梼原では77cmの積雪となった。この低温は1月に入っても続き、その上異常乾燥で各地で被害が出た。高知では水道管破裂600件、南国市、夜須、香我美、野市、日高、山田各地区でミカン害579haの被害があった。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
高知県編「高知県災害異誌」(高知県、1966年)、138頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
低温 大雪 異常乾燥
NO.
高知4014

よく似た災害

昭和37年の大雪

昭和37年(1962)1月下旬、冷え込みが続き、各地で大雪となった。山間部では交通が止まり、小中学校が臨時休校した。積雪は梼原で60cm、東津野で34... 続きを読む

昭和56年3月の大雪

昭和56年(1981)2月27日は低温のため、各地で水道管が破裂、路面が凍結した。3月1日深夜から降った雪は約10cmの積雪となり、果樹に被害が出た。... 続きを読む

昭和30年の大雪

昭和30年(1955)2月20日、朝鮮中部から押し出してきた寒気のため、20日夜から21日朝まで雪が降った。脇町近辺では30cmの積雪となり、交通マヒ... 続きを読む

昭和28年の大雪

昭和28年(1953)2月21日未明から雪となり、夕刻まで続いた。山地の多雪地で30cmくらい、平地でも10cm程度となった。このため、通信交通に若干... 続きを読む

昭和28年の大雪

昭和28年(1953)2月21日未明から雪となり、夕刻まで続いた。山地の多雪地で30cmくらい、平地でも10cm程度となった。このため、通信交通に若干... 続きを読む