昭和39年の長雨

災害年月日
1964年04月00日
市町村
高知県
災害種類
その他(長雨)  
概要
昭和39年(1964)4月、太平洋高気圧が異常に発達し、高温となるとともに、天気はぐずついて雨量が多かった。被害は水稲早稲15,000ha、6億2,574万円余、麦類5,430ha、3,111万円余、野菜類(きゅうり、なす、とまと、ピーマン、すいか)7億1,032万円余に及んだ。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
高知県編「高知県災害異誌」(高知県、1966年)、145頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
長雨
NO.
高知4019

よく似た災害

昭和45年5月の風雨

昭和45年(1970)5月2日~7日、低気圧による降雨のため、特に室戸岬南東側と須崎から足摺岬に至る海岸部で降水量が多かった。被害は住家の全壊1棟、床... 続きを読む

平成6年の竜巻

平成6年(1994)10月12日午前10時半、大竜巻が襲った。竜巻は琴ヶ浜の海岸地帯から平野部中央のやや西方、国道55号を北東へ向かった。ハウス園芸で... 続きを読む

昭和38年の長雨

昭和38年(1963)4月6日から6月17日までの73日間の中で、晴れは3日、曇りが25日、雨が45日であり、雨量は1,328.8ミリとなった。この年... 続きを読む

昭和38年の長雨

昭和38年(1963)4月6日から6月17日までの73日間の中で、晴れは3日、曇りが25日、雨が45日であり、雨量は1,328.8ミリとなった。この年... 続きを読む

昭和45年の長雨

昭和45年(1970)4月~7月、長雨により農作物不作。被害は水田219ha、麦265ha、桑147ha、煙草89ha、八朔40haに及び、被害額は1... 続きを読む