昭和21年の南海地震

災害年月日
1946年12月21日
市町村
徳島県阿南市
災害種類
地震・津波  
概要
昭和21年(1946)12月21日午前4時19分、紀伊半島潮岬南方海底を震源とする大地震が起こった。当時、見能林警防団長だった人の思い出をもとに、地震と津波の状況などについて記載されている。ここには、地震後30分ほどして津波の第一波が押し寄せてきたこと、その20分後に第二波が襲来して海岸護岸や大きな貨物船が陸地に流されたこと、潮水が見能林村役場前まで流れたこと、津峯神社の社務所の石垣の崩壊・家屋の倒壊により職員1名が亡くなったことなどが記されている。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
阿南市見能林町見能方協議会編「見能方のいまとむかし」(阿南市見能林町見能方協議会、1985年)、41-42頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
昭和南海地震 見能林警防団長 津波 津峯神社 死者
NO.
徳島35

よく似た災害

昭和21年の南海地震

image

昭和21年(1946)、南海地震津波が浅川を襲った。この時の津波資料は比較的残されており、津波の痕跡が現存し、また津波の目撃者もかなり生存している。そ... 続きを読む

昭和21年の南海地震

image

昭和21年(1946)12月21日午前4時14分頃、地震が起こり、その後津波が来襲した。須崎駅前付近では火災が起こった。昼頃になって、堀川を片付けてい... 続きを読む

昭和21年の南海地震

image

昭和21年(1946)12月21日午前4時14分頃、地震が起こり、その後津波が来襲した。須崎駅前付近では火災が起こった。昼頃になって、堀川を片付けてい... 続きを読む

昭和21年の南海地震

image

昭和21年(1946)12月21日午前4時20分頃、地震が起こり、津波が襲来して原町、新町は全町浸水した。須崎駅辺りでは火災も起こった。この記録には、... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日午前4時20分頃、地震が起こり、津波が襲来して原町、新町は全町浸水した。須崎駅辺りでは火災も起こった。この記録には、... 続きを読む