宝永4年の地震

災害年月日
1707年10月28日
市町村
徳島県阿南市
災害種類
地震・津波  
概要
宝永4年(1707)10月4日午前10時頃より大地震、11時頃におさまった。大地は一面に割れ、家や木は乱れ崩れ、高山から大石が落ちて重なった。正午頃、大波が来るので高い山に逃れよと聞こえてきた。間もなく、白波が立った大波が見えたので、人々は右往左往して逃げ上った。一番波は津峯の八大神社の馬場先まで、二番波は馬場中程まできて戎山で1丈余の高さとなり、そして三番波が来た後、津波は来なかった。下福井、橘浦、答島村から流れ出た家が海上に満々としていた。(「野村家伝来記」による)
地理院地図
Googleマップ
備考
津波は津峯の八大神社の馬場先まで到達した。
参考画像
参考文献
阿南市見能林町見能方協議会編「見能方のいまとむかし」(阿南市見能林町見能方協議会、1985年)、38頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
宝永地震 津波 野村家伝来記
NO.
徳島36

よく似た災害

宝永4年の地震

宝永4年(1707)10月4日、大地震が午前10時に始まり、11時におさまった。家や木が崩れ、高い山から大石が落ちて、人々は生きた心地もしなかった。正... 続きを読む

安政元年の地震

image

安政元年(1854)11月4日辰刻(午前8時)、地震が発生したが、岸本浦の地曳網が流されたり、夜須浜で潮の変調が感じられる程度であった。翌5日七ツ時(... 続きを読む

宝永4年の地震

宝永4年(1707)10月4日午後2時、大地震が起こった。山は落ちて丘となり、川は埋まり、家が倒れ、下敷きになって死傷した人畜は数知れなかった。地震の... 続きを読む

宝永4年の地震

image

宝永4年(1707)10月4日、大地震が起こり、津波が来襲した。「谷陵記」では「汐ハ和田ノ奥或ハ牛ノ瀬川ヲ限ル」と記され、津波が松田川を遡り、河戸堰を... 続きを読む

宝永4年の地震

宝永4年(1707)10月4日午前11時頃大地震が起こり、午後1時頃津波が押しよせ、翌5日晩まで到来した大津波は12回に達した。このため、土佐の国では... 続きを読む