康安元年/正平16年の地震

災害年月日
1361年07月26日
市町村
徳島県小松島市
災害種類
地震・津波  
概要
康安元年/正平16年(1361)6月24日午前4時頃、紀伊半島沖を資源とするM8.4の大地震が起こり、大津波が発生した。大阪、高知、徳島沿岸で大きな被害が出たが、海部郡の由岐では1,700戸の家屋が流失し、60余名が流死した。
地理院地図
Googleマップ
備考
原資料では正平16年8月3日となっているが、6月24日に修正した。
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
小松島市新風土記編纂委員会編「小松島市 新風土記」(小松島市、2001年)、57-59頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
康安地震 正平地震 津波
NO.
徳島44

よく似た災害

康安元年/正平16年の地震

康安元年/正平16年(1361)6月24日、紀伊半島沖を震源とするM8.4の大地震により、大阪の四天王寺、京都の東寺、奈良の薬師寺、和歌山の熊野神社が... 続きを読む

康安元年/正平16年の地震

康安元年/正平16年(1361)6月24日、紀伊半島沖を震源とするM8.4の大地震により、大阪の四天王寺、京都の東寺、奈良の薬師寺、和歌山の熊野神社が... 続きを読む

康安元年/正平16年の地震

image

康安元年/正平16年(1361)7月24日、南海道大地震、海部郡の雪(由岐)の湊1,700戸海に沈む。(「徳島県史」による)(ただし、半田町では地震に... 続きを読む

康安元年/正平16年の地震

image

康安元年/正平16年(1361)6月24日午前4時頃、紀伊半島沖を震源とするM8.4の大地震が起こり、大津波により大阪、徳島の沿岸で大きな被害が出た。... 続きを読む

康安元年/正平16年の地震

康安元年/正平16年(1361)、地震による津波が大阪、高知、徳島の各沿岸に大きな被害を与えた。徳島県由岐では1,700戸の家屋の流失が太平記に記され... 続きを読む