昭和43年の台風10号

災害年月日
1968年08月29日
市町村
高知県須崎市
災害種類
風水害  
概要
昭和43年(1968)8月29日、台風10号が薩摩半島に上陸し、豊後水道から瀬戸内を北東進した。県下全域に1時間に30~50ミリの強雨となり、中・東部の山間部では降水量が600ミリに達した。須崎市の被害は床上浸水39戸、床下浸水265戸に及んだ。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
大家順助編「須崎消防の歩み 第2巻 自然災害の記録」(高幡消防組合須崎消防団本部、1985年)、92-93頁
情報源の種類
災害記録、災害体験集
キーワード
台風
NO.
高知4114

よく似た災害

昭和43年の台風4号

昭和43年(1968)7月28日、台風4号が須崎市に上陸した。県下中・東部の山間部を中心に降水量は500~700ミリとなり、床上浸水48戸、床下浸水1... 続きを読む

昭和43年の台風10号

昭和43年(1968)8月29日、台風10号が鹿児島県に上陸後、豊後水道を北東進した。県中・東部の山間部で雨量が600ミリに達し、県内の死者・行方不明... 続きを読む

昭和31年1月の大雪

昭和31年(1956)1月9日、前日からの雪で、山間部では積雪が40cmとなって、山間部のバスは運休した。(四国新聞による) 続きを読む

昭和54年の台風16号

昭和54年(1979)9月29日~30日、台風16号が室戸市に上陸した後、大阪に再上陸し、東予の山間部では200~300ミリの大雨となった。被害は負傷... 続きを読む

昭和34年1月16日の大雪

昭和34年(1959)1月16日~17日、山間部の積雪が30~50cmとなり、山間部の県道・国道で通行止めとなった所がある。(四国新聞による) 続きを読む