昭和52年の台風7号

災害年月日
1977年08月25日
市町村
高知県須崎市
災害種類
風水害  
概要
昭和52年(1977)8月25日、台風7号が九州南部を横断し、足摺西南西海上で停滞して熱帯低気圧となった。須崎市では新荘川の支流の依包川の水位が上昇したため、上分下依包地区の住民に避難命令が出されるなどした。須崎市の被害は家屋の床上浸水1戸、床下浸水10戸、道路決壊1箇所、堤防決壊1箇所であった。23日~24日正午の雨量は須崎で199ミリ、東津野村船戸で232ミリ、窪川で342ミリ、大正で166ミリに達した。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
大家順助編「須崎消防の歩み 第2巻 自然災害の記録」(高幡消防組合須崎消防団本部、1985年)、114-115頁
情報源の種類
災害記録、災害体験集
キーワード
台風 熱帯低気圧 依包川 避難命令 堤防決壊
NO.
高知4125

よく似た災害

平成10年の台風7号

平成10年(1998)9月22日、台風7号により、那賀川の古庄では最大流量約4,100立米/秒を観測し、被害は家屋の床上浸水19棟、床下浸水298棟、... 続きを読む

昭和49年の台風16号

昭和49年(1974)9月1日午前6時20分、台風16号が中土佐町付近に上陸後、四国を横断し、県西部は暴風雨となった。須崎市の雨量は170ミリ(9月1... 続きを読む

昭和47年7月の洪水

昭和47年(1972)7月6日、梅雨前線により、桑野川の大原で最大流量約590立米/秒に達し、被害は家屋の床上浸水128棟、床下浸水440棟、水害区域... 続きを読む

平成2年の台風19号

平成2年(1990)9月19日、台風19号により、那賀川の古庄では最大流量約7,100立米/秒を観測し、被害は家屋の床下浸水36棟、水害区域面積74h... 続きを読む

昭和26年のケイト台風

昭和26年(1951)6月30日~7月2日、ケイト台風により、県下の被害は家屋の床上浸水76戸、床下浸水806戸、非住家1戸、田の流失・埋没1ha、冠... 続きを読む