安政元年の地震

災害年月日
1854年12月23日
市町村
徳島県小松島市
災害種類
地震・津波  
概要
安政元年(1854)11月4日の朝方と夜に地震が起き、5日夕方大地震が発生した。午後5時半頃から火災が発生したため、近隣の者が総出で消火活動をしていたところ、津波の噂が出て人々が逃げたので、小松島浦の7割方は焼き尽くし、朝方の6時頃に鎮火した。人々は土地の高いところに逃げたので、けが人や死者はなかった。津波は小松島浦にも来襲し、沿岸の堤が60m切れて今開、南開方面に塩水が流れ込んだが、大きな被害はなかった。お亀磯はこの津波で水没した。多田助右衛門の記録あり。
地理院地図
Googleマップ
備考
赤石町の豊浦神社には安政地震の津波の碑が建立されている。
参考画像
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
小松島市新風土記編纂委員会編「小松島市 新風土記」(小松島市、2001年)、60-63頁及び338-339頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
安政地震 津波 火災 堤防決壊 お亀磯
NO.
徳島47

よく似た災害

安政元年の地震

image

安政元年(1854)11月4日午前11時大地震が起こり、津波が7、8度押しよせたが人家までは来なかった。翌5日午後5時頃、未曾有の大地震が発生し、山崩... 続きを読む

安政元年の地震

image

嘉永7年(1854)11月4日、5日の地震後の津波により、東由岐浦では24、5人が流されて亡くなった。東由岐「当屋帳」によると、4日午後2時頃地震があ... 続きを読む

安政元年の地震

安政元年(1854)11月4日、5日、大地震と津波。「立田村誌」によると、4日では第二震の時の津波が高く、立田近くまで押し寄せてきたため、人々は山田方... 続きを読む

安政元年の地震

安政元年(1854)11月4日から5日夜にかけて大地震があり、徳島城下と勝浦郡小松島浦村で大火事が発生し、県南の沿岸地方では津波の大被害を受けた。小松... 続きを読む

安政元年の南海地震

安政元年(1854)11月5日、前日の東海地震の32時間後に南海地震が発生した。津波により、牟岐では波高3丈(9m)、死者20人、宍喰では波高2丈(6... 続きを読む