昭和55年の火災

災害年月日
1980年11月02日
市町村
高知県須崎市
災害種類
火災  
概要
昭和55年(1980)11月2日21時50分頃、須崎市原町の建設作業場から出火し、消防への通報が遅れたため、全焼3棟、半焼2棟、部分焼3棟、破損2棟の被害が出た。鎮火23時30分。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
高幡消防組合編集委員会編「高幡消防 25年の歩み」(高幡消防組合消防本部、1997年)、231頁
情報源の種類
災害記録、災害体験集
キーワード
火災 原町
NO.
高知4144

よく似た災害

昭和30年11月30日の大火

昭和30年(1955)11月30日、田野町西町の製材工場から出火、3つの製材工場を含む8戸25棟が全焼、4戸が半焼。水利が悪く、発見が遅れたため、大火... 続きを読む

昭和17年の火災

昭和17年(1942)2月15日午後6時20分、久礼浦分より出火、午後10時鎮火、全焼63戸、半焼6戸、罹災人員270人。(「中土佐町史」による) 続きを読む

昭和56年の火災

昭和56年(1981)8月19日午前10時6分、須崎市南古市町から出火し、商店、住宅が全焼または半焼した。鎮火11時0分。 続きを読む

昭和6年2月の火災

昭和6年(1931)2月27日午前4時頃、山際の山の手通り以西の10戸を全焼、6戸を半焼して5時半頃鎮火。 続きを読む

昭和6年2月の火災

昭和6年(1931)2月27日午前4時頃、山際から出火し、10戸を全焼、6戸を半焼して5時半頃に鎮火した。 続きを読む