昭和61年の山火事

災害年月日
1986年02月02日
市町村
高知県須崎市
災害種類
火災  
概要
昭和61年(1986)2月2日午前11時頃、須崎市浦ノ内鳴無で山火事が発生し、焼失面積は2.7haとなり、18年生の檜6,900本が焼失した。原因は草焼火の飛び火であり、火の回りが早く拡大した。消火するための水利からも遠く、消防ポンプ車は使用できず、人手による火道切りなどを必要として、最後にはジェットシューターなどで消火作業にあたった。鎮火午後2時40分。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
高幡消防組合編集委員会編「高幡消防 25年の歩み」(高幡消防組合消防本部、1997年)、233頁
情報源の種類
災害記録、災害体験集
キーワード
山火事 浦ノ内鳴無
NO.
高知4146

よく似た災害

昭和60年4月の山火事

昭和60年(1985)4月25日正午前、鳴門市大麻町大谷の山林から出火した火は、県道大谷~櫛木線の南側斜面を燃え上がって尾根伝いに広がった。飛び火によ... 続きを読む

昭和60年4月の山火事

昭和60年(1985)4月25日正午前、鳴門市大麻町大谷の山林から出火した火は、県道大谷~櫛木線の南側斜面を燃え上がって尾根伝いに広がった。飛び火によ... 続きを読む

明治8年5月の山火事

明治8年(1875)5月、下灘村大字大久保で失火による火災が発生し、山林1町5反歩が焼失した。 続きを読む

昭和20年の山火事

昭和20年(1945)4月18日正午頃、上灘町大字高野川の山林でたばこによる失火が原因で山火事となった。異常乾燥警報発令中のため、火のまわりが早く、そ... 続きを読む

昭和57年2月の山火事

昭和57年(1982)2月14日午後2時15分頃、泉谷浦田の山裾より出火し、松・雑木林など3haを焼失し、午後7時頃鎮火した。焚き火の不始末が原因であ... 続きを読む