平成7年の阪神・淡路大震災

災害年月日
1995年01月17日
市町村
徳島県小松島市
災害種類
地震・津波  
概要
平成7年(1995)1月17日午前5時46分、M7.2の内陸直下型地震が神戸市を中心に起こった。徳島県内では鳴門市で家屋などが被害を受けた。小松島でも道路、塀、家の壁などに小さな亀裂ができた。この震災では、被災者のモラルの高さやボランティア活動の活発化などが話題となった。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
小松島市新風土記編纂委員会編「小松島市 新風土記」(小松島市、2001年)、65-67頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
阪神・淡路大震災
NO.
徳島50

よく似た災害

平成7年の阪神・淡路大震災

平成7年(1995)1月17日午前5時46分頃、M7.2、高松で震度4の阪神大震災が発生した。高松では、ビルの窓ガラスなどの一部に損傷があった程度であ... 続きを読む

平成7年の阪神・淡路大震災

平成7年(1995)1月17日午前5時46分、兵庫県南部地震が発生した。県内では鳴門市の被害が多く、里浦町里浦の芋畑では液状化現象が起きた跡が見つかっ... 続きを読む

平成7年の阪神・淡路大震災

平成7年(1995)1月17日5時46分、淡路島北端を震源地とするM7.2の大地震が起こった。徳島県内では近隣の地域であるにもかかわらず、被害が最小限... 続きを読む

平成7年の阪神・淡路大震災

平成7年(1995)1月17日午前5時46分、地震が発生した。三木町では震度4を記録し、棚から物が落下したり、壁にひび割れが生じる被害が発生したが、大... 続きを読む

平成7年の阪神・淡路大震災

平成7年(1995)1月17日午前5時46分頃、淡路島北淡町の地下20kmを震源とする直下型の大地震があり、県内は全域で震度4を記録した。脇町では吊り... 続きを読む